【嵐】松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』放送決定! 新ヒロインに木村文乃

1: 2017/06/09(金) 06:06:57.12 ID:CAP_USER9
2018年1月スタート 日曜よる9時 日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』

TBSでは来年2018年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、嵐・松本潤が主演を務め2016年4月期に放送して大きな話題を呼んだ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』のSEASON IIを放送することが決定した。

(中略)

SEASON Iでは“松本潤が日曜劇場初主演&弁護士役に初挑戦"“刑事専門弁護士に特化したドラマは連続ドラマ史上初"といったワードが注目を集め、“親父ギャグ"“プ女子(プロレス女子)"“小ネタ"の設定も話題を呼び、
第2話と最終回で平均視聴率19.1%を獲得し、同クール放送のドラマの中で最高の数字を記録。さらに、全話平均視聴率でも17.2%と同クール内でトップとなった人気作品だ(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。
TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは、日曜劇場『JIN-仁-』(2009年10月期、2011年4月期放送)以来6年ぶりとなり、歴史ある日曜劇場の中で2作品目と異例なこと。超型破りな若手弁護士役を演じる松本が、現実でも型破りなことをやってのけた。

松本はSEASON Iに引き続き、主人公の深山大翔を演じる。深山は99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士だ。
そして、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘役には香川照之。2人は前作同様、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。
また、深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、SEASON Iで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方にも注目だ。

さらに、新ヒロインとして女優・木村文乃の出演が決定した。
木村が演じるのは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子。舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官。
刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することに。退官後は司法の世界から距離を置いていたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立する。
一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘。最初は難色を示す舞子だが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となる。
そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。
その事件とは? そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方は?

刑事事件の裁判有罪率は99.9%──
絶対、逆転不可能な状況の中、
残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する!

<主演・松本潤さん>
またこのチームで作品を作れることに興奮しています。深山大翔という人は僕にとって思い入れのあるキャラクターです。全スタッフで細部にまで拘り、楽しんで撮影していた日々を思い出します。
香川照之さん演じる佐田先生をはじめ、個性豊かなキャラクターたちとの再会が待ち遠しいです。
また、木村文乃さんとは初めて共演させて頂きます。新たな共演者の皆様にも楽しんで頂ける現場を一緒に作れたらうれしいです。
ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!!
来年1月の放送を楽しみに待っていてください!!

<木村文乃さん>
とても人気のある作品で、尚且つ前作から引き続き出演される皆さんの中に飛び込ませて頂く形になるので、早々に馴染みつつ、またいいスパイスになれるよう邁進します。
そして、尾崎舞子は、どこをとっても難しい役柄です。悩むことやぶつかる壁も多そうですが、足下から一つずつ作り上げていけたらと思っています。また、松本潤さんや香川照之さんといった、頼れるリーダーや個性的で熱量の高いキャストの皆さんと並ばせて頂くことに恥じないよう、頑張ります。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title

http://www.tbs.co.jp/999tbs/

続きを読む