ビルボードジャパン2017年上半期チャート発表

ビルボードジャパンの2017年上半期チャート (計測期間:2016年11月28日~2017年5月28日)が発表されました。

シングルチャートの「Billboard Japan Hot 100」では、2016年後半の代表曲となった星野源さんの「恋」が、2位以下に圧倒的大差を付けて首位を獲得。

アルバムチャート「JAPAN Hot Albums」では、昨年末に惜しまれつつ解散したSMAPの3枚組ベスト盤『SMAP 25 YEARS』がCDセールスで大きくポイントを稼いで首位に輝きました。

HOT100とHOT ALBUMSのポイント合算によるアーティスト・ランキングでは、星野源さんが首位に。ジャニーズ勢はSMAPが6位にランクインしました。

Billboardのランキングは、CDの売上枚数およびダウンロード数、CDをPCに取り込んだ回数(ルックアップ)、ストリーミング数、ラジオの再生回数、Tweetされた楽曲数、動画再生数など、複数の要素を合算して順位が付けられています。



【注目記事】
Amazon 2017年上半期ランキング大賞発表!1番売れた商品は…
「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND」無効チケット発表
TBS「東京フレンドパーク2017 7月ドラマ大集合SP」放送決定