山下智久、最近の楽しみは〇〇??意外な私生活…

1: 2017/07/04(火) 11:48:27.79 ID:CAP_USER9
 7月17日、フジテレビ系の月9ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が7年ぶりに復活、サードシーズンを迎える。主演を務める山下智久さんにとって、思い入れの強い作品だ。
今の思いやプライベートの楽しみまで聞いてみた。

──主演ドラマ「コード・ブルー」が7年ぶりに復活しますが、山下さんにとっても、非常に大切な作品なのでは?

 そうですね。初めて「怖い」と思った作品です。人の命を預かるドクターの役が果たして自分にできるのかと。常にがけっぷちの気持ちで、少し風に吹かれたら落ちてしまうんじゃないか。
そういう精神状態でした。本当にギリギリのところで闘っていたのを覚えています。

──意外です。主人公の藍沢耕作のように、物事を冷静沈着にこなしていく方かと思いました。

 一見飄々(ひょうひょう)として見えるかもしれませんが、内心はもうパニックです。「この役、俺にできるかな、どうしよう」って。藍沢のように次々とプレッシャーに打ち勝っていけるような
タイプじゃない。ただ、どんな壁が立ちはだかっていても、諦(あきら)めないで乗り越えていく姿勢は、僕も持っているつもりです。自分に藍沢という役ができたのか、今でもよくわかりません。
でも、今回7年ぶりに共演の方やスタッフさんと集まって、いろんなことを一緒に乗り越えてきた同志であり、戦友なんだと改めて思いました。いい絆を築けているなと。そういう意味では、
自分なりに何かを乗り越えられたのかもしれません。

中略

──2011年からはソロ活動に専念しています。背負うものも大きくなったのでは?

 その場所に立つこと、自分を追い込むことによって、自覚も生まれてくるんだと思います。ソロ活動に専念し、自分をそれまでと違う環境に追い込んだとき、今までと一緒ではダメなんだと
実感しました。責任感、仕事に向き合う姿勢……、いい意味で変わることができました。もちろん、つらいことも大変なこともたくさんありましたが、それまで見えなかった世界が見えてきました。
すごく勉強になりましたし、自覚が生まれました。僕はそれまでどんなに“芸能人”をやっていても、「僕は普通だ」と自分に言い聞かせていたんです。みんなと一緒でありたいというか。
でもやっぱり、違っていなくちゃいけない。これは別に、自分を特別視しているとかではなくて、公人としての自覚と責任を持って、わきまえるという意味です。

中略

──その意識を持った上で、さらに目指すものとは?

 まずはこれまでやってきた自身の活動のさらに高みを目指すこと。それから、後輩たちの目標になる存在でありたいです。僕は先輩方がレールをたくさん敷いてくれたことによって、
活動しやすくなったり、自分の目指すものが見えてきたりした。そういう環境をつくってもらえたことに感謝しているので、後輩たちにまた別のレールをつくっていくことが、
自分が次にやるべきことかなと思います。デビューしている子もしていない子も、本当にがんばっていますから。同じ仲間なので応援しているし、僕も先輩として恥ずかしくない行動をとりたい。
「こんなふうになりたくない」と思われちゃったら、ダメじゃないですか。僕自身が正々堂々と闘っていくということが、彼らにとっての道しるべになるかなと思っています。

──最後に、最近の楽しみは?

 おいしいご飯を食べることですね。牛丼屋さんに行って、紅ショウガをたっぷりのせて食べるのが好きです。

──チェーン店にも行くんですか?

 行きます。立ち食いそばとか、ラーメンとか。移動の合間にササッと。ワンコインで食べられる幸せというか。頼んで2分くらいですぐ出てくるのがいいんです。高級店だと20分くらい
かかったりしますから。それもたまにはいいですが、一人でご飯食べるときには、なるべく早くパパッと食べたい。リラックスタイムというか、至福の時ですね。

※週刊朝日 2017年7月7日号
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170630-00000036-sasahi-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170630-00000036-sasahi-ent&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170630-00000036-sasahi-ent&p=3

続きを読む